本文へスキップ
大阪府少年軟式野球協会松原支部
・松原市スポーツ少年団

チームニュースTEAM-NEWS

9/20(日)

藤井聖太選手(パナソニック15)

本日、長曽根ストロングスで頑張っている選手たちのために藤井先輩が激励に来てくださいました🥎
藤井先輩ははじめて、長曽根が全国大会に出場した時のエース😆
今でも長曽根のことを気にかけていただいてることに感謝感謝です!

本日は誠にありがとうございました!










8/4(月)

堀川拓真選手(佼成学園高校3年)

日大三高を撃破するサヨナラヒットを放つ🥎





11/20(水)

田川正也選手(台北景文高校)







台湾版甲子園(黒豹旗)四回戦
ベスト32の試合で台北景文高校は野球留学で日本から来た一年生ショート田川正也がいた。台湾に来て短期間で台湾のスラングを使いこなし、チームメイトの笑いを誘う愛されキャラだ。「中国語も勉強できて野球もできるから台湾に来た!《9月の入学からまもないのに簡単な受け答えを中国語でしているから驚く。チームメイトの仲良しからはお調子者と言われ「喋ると三枚目だから静かにしたら?と言われるも郷に入れば郷に従うが如くスラングは上達している笑《。但し一旦グランドに入ると抜群のセンスと長打力、強心臓でチームを牽引。今大会も全試合2番ショートで先発出場、チームを史上初の32強に導いた。プライベートではタピオカミルクティーをこよなく愛し、休みは仲良しのチームメイトと賑やかな街中へとお出掛けするのが好きな普通の高校生だ。好きな野球選手は日本で活躍してる陽岱鋼と王波融。この日の四回戦では敗れはしたが、まだ一年生の田川正也は既に来年の黒豹旗を見据えている。

台湾にある高校野球のチーム数は約500チームで、日本の1/6となります。その中で地区予選を突破した約200チームで台湾で一番由緒のある黒豹旗大会で優勝を目指します。ベスト16になると150キロ投げる子は普通にいますし、U18のナショナルチームに選ばれてる選手を擁する強豪校が出て来ます。因みにU18は今年は台湾が世界大会で優勝してるので、台湾全体で見ると層は薄いですが、強豪校のレベルは高いので大味な試合が多いです。あと台湾野球の特徴としては一部リーグは木製バット、二部リーグは金属バットを使用して黒豹旗では違うバットで一緒に戦います。正也が属してるのは二部リーグなので金属バットを使っています。

7/22(月)

竹島雄也(福岡工大付属上等東高校6)




7/17(水)

辻本直樹選手(駒大苫小牧 6)

最大のライバル強敵札幌大谷を逆転でくだし、甲子園出場にはずみをつけました。





7/16(火)

徳永駿選手(桃山学院高校3)




7/13(土)

徳永駿選手(桃山学院高校3)

最後の夏。チームの4番として、甲子園を目指して頑張ってます!
皆様、応援宜しくお願いいたします✨




7/20(金)

小学生時代、数々の激闘を繰り広げた長曽根ストロングスと新家スターズのメンバーが高校3年生になって大阪府予選で再会!お互いの健闘を誓い合いました。

長曽根ストロングスメンバーは

左端3番目から

田中ヒデキ先輩(阪南大高校)
上野ハヤタ先輩(大塚高校)
太田シンスケ先輩(浪速高校)
永島ユウタ先輩(大塚高校)




7/18(水)

大田シンスケ先輩(浪速高校3年)




7/9(月)

黒田ヒロキ先輩(河南高校 キャプテン)
伊藤リョウスケ先輩(河南高校)
吉村ユウキ先輩(東住吉高校 キャプテン)
大田シンスケ先輩(浪花高校)
瀬尾ユウジ先輩(大商大堺高校)
宮本ソウタ先輩(堺高校)
岡田カンスケ先輩(初芝立命館高校)
田中ヒデキ先輩(阪南大学高校)




現在、高校3年生の偉大なる先輩たちが大阪南地区の代表をかけて最後の夏を戦います! 甲子園目指して頑張ってください!チーム一同応援しています。


7/5(木)

上野ハヤタ先輩(大塚高校3年)
永島ユウタ先輩(大塚高校3年)
西川マナヤ先輩(現:埼玉西武ライオンズ№51)

現在発売中の高校野球の大阪展望号には上野ハヤタ先輩(大塚高校3年)、永島ユウタ先輩(大塚高校3年)が載っています! 甲子園目指して頑張ってください。チーム一同応援しています!

また、埼玉展望号には昨夏優勝しました西川マナヤ先輩(現:埼玉西武ライオンズ№51)が載っています!





7/4(水)

辻本ナオキ先輩(駒大苫小牧高校2年)

現在、全国各地で甲子園出場に向けての予選の真っ最中。駒大苫小牧高校2年のナオキ先輩が大活躍しました。 ぜひ甲子園出場を決めてください。チーム一同、応援しています!





5/9(水)

偉大なる長曽根の大先輩である藤井選手

野球の原点は少年時代を長曽根ストロングスで過ごした日々の練習、全国大会での経験。それが今の野球人生を支えています。




10/9(月)








http://www.asahi.com/sp/koshien/articles/ASKB934MJKB9IIPE001.html

http://www.hb-nippon.com/sp/news/36-hb-bsinfo/29785-bsinfo20171009002?pref=hokkaido

駒大苫小牧高校が北海道大会を制し、優勝!
ナオキ先輩(背番号10番)が春の甲子園出場を決めた!おめでとうございます!
強豪校にいながら、高校1年でベンチ入り。
今度は甲子園での優勝を目指して頑張って下さい!!
チーム一同、応援しております!


7/24(月)



溝口真矢(佼成学園高校 3年)
激戦の西東京大会でマサヤ先輩がチームをベスト8に導くナイスピッチングをみせた。
決勝までいくと、あの「清宮《率いる早稲田実業と対戦です。
皆様、応援宜しくお願いします。

7/12(水)



長野陽人(狭山ボーイズ2年)
全国につながる支部予選の準決勝・決勝戦でハルト先輩が先発ピッチャーをつとめ、
準決勝では完封、決勝では1失点完投勝利をおさめチームを全国へ導いた。













優勝メダル

全日本大会過去戦跡




高円宮賜杯
全日本学童軟式野球大会戦跡

2020年 
2019年 BEST16
2018年 第3位
2017年 第3位
2016年 優勝(6度目・2連覇)
2015年 優勝(5度目)
2012年 BEST8
2011年 優勝(4度目)
2010年 BEST16
2009年 BEST8
2006年 準優勝
2005年 優勝(3度目)
2004年 第3位
2003年 優勝(2度目・2連覇)
2002年 優勝(初優勝)
2001年 第3位(初出場)
 




台湾野球用品メーカーSA社HP